web漫画
それでは灯りを消しましょう。 カサネビキッカ

蠟燭の元に語られる、奇奇怪怪の物語。
ひとつひとつの話がとても怖くて、読み終えた後には焦燥感のような切迫感のような妙な疲れが出てきます!